日本語と英語のCDつき絵本~外国人へのプレゼントにおすすめ!~

あなたは、外国人へのプレゼントに何を贈りますか?

KIMONOも喜んでもらえそうだけれど、帰国後に日常使いしてもらうのは難しいですよね。観光のお土産っぽくなるのも、友情のプレゼントというより記念品みたいでそっけなく感じてしまいます。

では、何を贈れば喜んでもらえるのでしょうか。今回は、実際に外国人の友人へちょっと変わったプレゼントを贈ったという人の体験談をご紹介します。

外国人の友人には観光土産じゃなく、プレゼントを渡したい!という方は、ぜひ参考にしてみてください。

日本語と英語のCDつき絵本を外国人の友人へプレゼントした人の体験談

外国人のお友達に、プレゼントを贈りたい!でも、何を贈ろう・・・

食べものは好みが合わなかったり、文化的に食べられないものかも知れません。そもそも海外に送っている間に傷んでしまうかも。

定番のお土産である日本の風呂敷や扇子は、もう誰かにもらったり、自分で買ってしまっているのでは・・・

カタログギフトは海外には送れないし・・・

どうしよう!

外国人の知り合いがいる方なら、一度はこのような経験があるのではないでしょか。

私のカナダ人の友人は、30代のALT(外国人英語教師)として日本に数年滞在していました。彼女が北米に帰国し、「出産した」という知らせを耳にして、何か出産祝いを贈ろうと思ったとき、私も上記のように悩んでしまいました。

「彼女の初めての出産に、何か特別な贈り物を」と、ずいぶんネットサーフィンをしておすすめを探しましたが、見つかるのはどれもお土産品ばかり・・・

“100均グッズやカップ麺などのおやつ”
“京都の扇子や風呂敷”

こういったものは、確かに海外の方にも人気があるとは思いますが、いかにもお土産品。数年間日本に滞在していた彼女は、きっとすでにいただいたり、自分で買ったりしているだろうなあと思いました。

その後、いろいろと迷い悩んで、私が贈ったのはこちらの日本の絵本です!

>>『かさじぞう The March of the Jizo (英語・日本語CD付き)

私がこれを、彼女へのとっておきの贈り物として選んだ理由は、次の3点です。

1.日本を思い出せる
「日本人の私から贈れる、オリジナルのプレゼントは何か」と考えた時、やはり日本語や日本の文化と関係があるものだと思いました。この絵本を見るたびに、日本で出会った人や素敵な思い出を思い出してもらいたいと考えました。

2.お子さんや家族と楽しめる。
出産祝いなので、赤ちゃんや家族と楽しめるものがいいと考えました。日本らしさでは、漫画やアニメ映画も海外で人気が高く、良い贈り物だと思いますが、年齢層や性別などでも好みが分かれるところ。それに対して昔話なら、子どもから年配の方まで幅広い年齢層の方に楽しんでいただくことができ、しかも、日本の伝統や心にも触れてもらえると考えました。
実際に彼女も、日本では高校英語の授業で色々な読み物教材を扱ったはずですが、
「この物語は知らなかった、私の知らない日本を知ることができるとてもいいプレゼント。」
「子供と一緒に読んで、いつでも日本を思い出せる。またいつか行きたいなあ。」
と、とても喜んでくれました。

3.日本語と英語で書かれている
日本語を忘れてしまっても楽しめるし、また学習しようと思った時の助けになると考えました。また、日本語を学習する機会がなくても、日本の文字は海外で見ると、素敵なデザインのように見えます。二か国語で収録されたCDがついているのも、赤ちゃんがいる家庭にはいい点だと思います。

このような二か国語の絵本(日本語と英語で書かれ、二か国語のCDがついた絵本)には、ほかにも、

ももたろう MOMOTARO The Boy Born from a Peach (英語・日本語CD付き)
じゅげむ JUGEM From Rakugo-日本語&英語 CD付絵本

などがあります。ももたろうは、勇気と正義をもって冒険する、元気の出る物語ですよね。じゅげむも、子どもの健やかな成長を願う親の想いが感じられるお話で、私は大好きです。

また、英語・日本語CD付きの英語絵本は更にいろいろあって、
だるまちゃんとかみなりちゃん―It’s a funny funny day (CDと絵本)
そらいろのたね-The Sky Blue Seed (CDと絵本)
など、新しい名作も数多くあります。

絵本は、絵もストーリーも様々で、想いを込めて贈るプレゼントとしてもおすすめです。
場面に合わせて、自分のお気に入りの一冊を贈ってみるのはいかがでしょうか?

親子で楽しめるのがポイント!日本語と日本の昔話に触れてもらえる

今回ご紹介した体験談は、『外国人の友人へのプレゼントに、日本語と英語のCDつき絵本』を選んだ方の話でした。たしかに、外国人へのお土産は度々特集されることがありますが、プレゼントと言うとあまり見かけません。

観光土産っぽいものも、その場では喜んでもらえるでしょう。しかし、後になると使い道がなかったり使い辛かったりで、結局クローゼットの奥にしまわれてしまいます。

絵本なら勉強にもなるし、親子で楽しめます。個人的には絵本のチョイスも素晴らしいと思いました。桃太郎のように勧善懲悪の話は海外でも多いです(赤ずきんなど)が、かさ地蔵のように神様からの恩返しというのは珍しいと思いませんか?

日本文化(地蔵の文化)について興味を持ってもらえるきっかけになりますし、お地蔵さんが贈り物だけ渡して何も言わずに去っていく姿は、日本人の慎ましやかな生き方を海外の子供に伝えてくれます。

全身で喜びや感謝を表現することの多い外国人の子供は、「どうしてJIZOはお礼を言わずにプレゼントだけ置いて行ったの?」とお父さんお母さんに質問することでしょう。そこから日本人や日本文化に関する話で盛り上がってもらえたら、今度はその子供が日本へ興味を持ち、遊びにきてくれるかもしれません。

>>『かさじぞう The March of the Jizo (英語・日本語CD付き)

外国人の友達へのプレゼント、とくに出産祝いに日本語と英語のCDつき絵本はぴったりです!定番とはちょっと違うけれど、日本を感じられるプレゼントでをしたい時におすすめです。

コメントを残す

このページの先頭へ